予納金

トップページ  >>  民事再生にかかる費用  >>  予納金

裁判所に納める予納金は、負債総額によって異なります。また必ずしも下記の表の通りになるわけではなく、個々の事情も考慮されます。下記は東京地裁の例であり、他の地方裁判所では異なる場合があります。

負債総額 予納金額
5千万円未満 200万円
5千万円~   1億円未満 300万円
1億円~   5億円未満 400万円
1億円~  10億円未満 500万円
10億円~  50億円未満 600万円
50億円~ 100億円未満 700万円
100億円~ 250億円未満 900万円
250億円~ 500億円未満 1000万円
500億円~1000億円未満 1200万円
1000億円以上 1300万円以上

 

予納金は、分割納付もできます。しかしながら、予納金を分割にせざるを得ない状況での民事再生は、かなり厳しいと考えられます。申立後の資金繰りが相当程度改善される見込みがない限り、分割納付は考えないほうがいい言われます。

■予納金は何に使われる?

裁判所に納める予納金は、主に以下の用途に使われます。 1) 監督委員及び補助者への報酬 2) 資料送達などの費用
  • 最終更新:2008年7月31日 22:40
  • Yahoo!ブックマークに登録 Google Bookmarksに登録 はてなブックマークに登録 del.icio.usに登録 livedoorクリップに登録 Buzzurl(バザール)に登録
  • 編集

ページ先頭

泉範行 公認会計士事務所
会社・法人の民事再生相談