申立後の資金繰りが厳しくなる理由

トップページ  >>  民事再生にかかる費用  >>  申立後の資金繰りが厳しくなる理由

民事再生手続を申し立てた時、原則として過去の債務については支払ってはいけません。

 

正しく言えば、租税債務や優先債権などは支払っても構いませんが、一般の債務については支払ってはいけません。

 

過去の一般の債務については、後で認可される再生計画に基づいての支払のみが認められます。

だから、「民事再生を申し立てたら、資金繰りが楽になる」と考える経営者もいるようです。

逆です。

民事再生手続の申立直後は、資金繰りが厳しくなることが多いのです。

 

■申立後の資金繰りの変化

楽になるもの・・・銀行への返済、過去の仕入債務などの仕入、経費の掛け支払い

苦しくなる要因・・・今後の事業継続のための現金仕入費用

  • 最終更新:2008年7月31日 22:43
  • Yahoo!ブックマークに登録 Google Bookmarksに登録 はてなブックマークに登録 del.icio.usに登録 livedoorクリップに登録 Buzzurl(バザール)に登録
  • 編集

ページ先頭

泉範行 公認会計士事務所
会社・法人の民事再生相談