債権者説明会への出席

トップページ  >>  取引先が民事再生したら  >>  債権者説明会への出席

民事再生手続を申し立てた会社は、その数日後に「債権者説明会」というものを行います。

■ 社長のお詫び

■ 財務状況の説明

■ 今後の取引条件のお願い

このような説明があるかと思います。

この「債権者説明会」は法律で定められたものではないので、内容は状況によってまちまちですが、概ね、上記の項目が説明されるはずです。

取引先が民事再生手続を申し立てた場合、一番重要なのは何か?

「今後の取引条件」です。

過去の債務については、残念ながら、いったん棚上げです。

しかし、将来に向かっての取引条件は交渉次第で有利にできます。

現金払、前払などを交渉してみる余地もあります。

現金払になれば、資金繰りはかえって楽になる場合もあります。

  • 最終更新:2008年7月31日 19:33
  • Yahoo!ブックマークに登録 Google Bookmarksに登録 はてなブックマークに登録 del.icio.usに登録 livedoorクリップに登録 Buzzurl(バザール)に登録
  • 編集

ページ先頭

泉範行 公認会計士事務所
会社・法人の民事再生相談