成功の第1条件

トップページ  >>  成功する民事再生とは  >>  成功の第1条件

民事再生が成功する一番大切な条件。

 

それは、金額の絶対額はともかく

 

営業利益が確保できる事業がある

 

ということです。

複数の事業を行っている会社であれば、最低1つの事業が営業黒字である必要があります。

民事再生法が施行された平成14年には、バブル時代の過大投資で苦しんでいる企業がたくさんありました。そうした企業の多くは、不動産や有価証券に多額の投資をしていました。同時に、多額の借入をしていました。

本業が順調であるならば、そうした不要な資産を売却し、残りの債務をカットしてやれば、本業の黒字でいくらかは返していける、そういうスキームがほとんどでした。

しかし、昨今の経済状況では、過大投資よりも本業の不振で資金繰りのメドがたたなくなって、民事再生を申し立てるという事案が増えています。

これは苦しい。

借金をカットしてもらっても、本業がダメであれば、いずれ2次破綻します。

では、そういう会社は全くダメかというとそうでもありません。

例えば、他の経営者やスポンサーが、その事業を買収して、他の事業と組み合わせれば、黒字になる場合などが考えられます。

申立をきっかけに大胆な事業のリストラクチャリングを行えば、収益力が回復する場合もあります。

しかし、いずれにせよ、その改革やスキームによって、営業黒字が確保できることが、最も重要なのです。

その営業黒字が将来の弁済原資であり、稼いだ金のうち運転資金を除いた余剰の分が、民事再生手続でカットされた残りの弁済原資となるのです。

これがマイナスであったら、カットされても、残りの債務を支払うことができなくなってしまうのです。

 

民事再生手続は「事業を継続させる」ことを最優先に考えられた法律です。

必ずしも、自社で継続される必要はなく、事業譲渡などを行って他者で継続しても構いません。

(その場合は、自社は事業譲渡後に清算することになるでしょう。)

 

事業継続すること = 少なくとも運転資金+いくらかの余剰がでる

 

これが大前提なのです。

  • 最終更新:2008年7月13日 20:26
  • Yahoo!ブックマークに登録 Google Bookmarksに登録 はてなブックマークに登録 del.icio.usに登録 livedoorクリップに登録 Buzzurl(バザール)に登録
  • 編集

ページ先頭

泉範行 公認会計士事務所
会社・法人の民事再生相談