成功の第2条件

トップページ  >>  成功する民事再生とは  >>  成功の第2条件

資金に余裕があるうちに申し立てること。

---------------------------

民事再生の失敗で多いのが、途中で資金が足りなくなることです。

 

申立後の資金繰りが厳しくなる理由 のように、民事再生手続を申し立てた後の数ヶ月は、いつもより資金繰りが厳しくなることがあります。

民事再生手続は、「資金が無くなる見込みになったら、資金があるうちに申し立てる」のがもっとも成功率が高く、「資金がなくなったから、民事再生を申し立てる」では、成功率は低くなるのです。

この資金繰り予測を上手に立てられるかどうかが、専門家の腕の見せ所なのです。

 

  • 最終更新:2008年9月 6日 00:36
  • Yahoo!ブックマークに登録 Google Bookmarksに登録 はてなブックマークに登録 del.icio.usに登録 livedoorクリップに登録 Buzzurl(バザール)に登録
  • 編集

ページ先頭

泉範行 公認会計士事務所
会社・法人の民事再生相談