民事再生法 第103の2条 (特別調査期間に関する費用の予納)

(特別調査期間に関する費用の予納)
第百三条の二  前条第一項本文の場合には、裁判所書記官は、相当の期間を定め、同条第二項の再生債権を有する者に対し、同項の費用の予納を命じなければならない。
2  前項の規定による処分は、相当と認める方法で告知することによって、その効力を生ずる。
3  第一項の規定による処分に対しては、その告知を受けた日から一週間の不変期間内に、異議の申立てをすることができる。
4  前項の異議の申立ては、執行停止の効力を有する。
5  第一項の場合において、同項の再生債権を有する者が同項の費用の予納をしないときは、裁判所は、決定で、その者がした再生債権の届出又は届出事項の変更に係る届出を却下しなければならない。
6  前項の規定による却下の決定に対しては、即時抗告をすることができる。
  • Yahoo!ブックマークに登録 Google Bookmarksに登録 はてなブックマークに登録 del.icio.usに登録 livedoorクリップに登録 Buzzurl(バザール)に登録

ページ先頭

泉範行 公認会計士事務所
会社・法人の民事再生相談