民事再生法 第136条 (否認の請求)

(否認の請求)
第百三十六条  否認の請求をするときは、その原因となる事実を疎明しなければならない。
2  否認の請求を認容し、又はこれを棄却する裁判は、理由を付した決定でしなければならない。
3  裁判所は、前項の決定をする場合には、相手方又は転得者を審尋しなければならない。
4  否認の請求を認容する決定があった場合には、その裁判書を当事者に送達しなければならない。この場合においては、第十条第三項本文の規定は、適用しない。
5  否認の請求の手続は、再生手続が終了したときは、終了する。
  • Yahoo!ブックマークに登録 Google Bookmarksに登録 はてなブックマークに登録 del.icio.usに登録 livedoorクリップに登録 Buzzurl(バザール)に登録

ページ先頭

泉範行 公認会計士事務所
会社・法人の民事再生相談