民事再生法 第153条 (配当等の実施)

(配当等の実施)
第百五十三条  裁判所は、前条第一項の規定による金銭の納付があった場合には、次項に規定する場合を除き、配当表に基づいて、担保権者に対する配当を実施しなければならない。
2  担保権者が一人である場合又は担保権者が二人以上であって前条第一項の規定により納付された金銭で各担保権者の有する担保権によって担保される債権及び第百五十一条第一項の規定により再生債務者の負担すべき費用を弁済することができる場合には、裁判所は、当該金銭の交付計算書を作成して、担保権者に弁済金を交付し、剰余金を再生債務者等に交付する。
3  民事執行法 (昭和五十四年法律第四号)第八十五条 及び第八十八条 から第九十二条 までの規定は第一項 の配当の手続について、同法第八十八条 、第九十一条及び第九十二条の規定は前項の規定による弁済金の交付の手続について準用する。
   第七章 再生計画

    第一節 再生計画の条項

  • Yahoo!ブックマークに登録 Google Bookmarksに登録 はてなブックマークに登録 del.icio.usに登録 livedoorクリップに登録 Buzzurl(バザール)に登録

ページ先頭

泉範行 公認会計士事務所
会社・法人の民事再生相談