民事再生法 第183条 (再生計画により再生債務者の株式の取得等がされた場合の取扱い)

(再生計画により再生債務者の株式の取得等がされた場合の取扱い)
第百八十三条  第百五十四条第三項の規定により再生計画において再生債務者の株式の取得に関する条項を定めたときは、再生債務者は、第百六十一条第一項第二号の日に、認可された再生計画の定めによって、同項第一号の株式を取得する。
2  第百五十四条第三項の規定により再生計画において株式の併合に関する条項を定めたときは、認可された再生計画の定めによって、株式の併合をすることができる。この場合においては、会社法第百十六条 及び第百十七条 の規定は、適用しない。
3  前項の場合には、会社法第二百三十五条第二項 において準用する同法第二百三十四条第二項 の許可の申立てに係る事件は、再生裁判所が管轄する。
4  第百五十四条第三項の規定により再生計画において資本金の額の減少に関する条項を定めたときは、認可された再生計画の定めによって、資本金の額の減少をすることができる。この場合においては、会社法第四百四十九条 及び第七百四十条 の規定は、適用しない。
5  前項の場合には、会社法第八百二十八条第一項第五号 及び第二項第五号 の規定にかかわらず、資本金の額の減少について、その無効の訴えを提起することができない。
6  第百五十四条第三項の規定により再生計画において再生債務者が発行することができる株式の総数についての定款の変更に関する条項を定めたときは、定款は、再生計画認可の決定が確定した時に再生計画の定めによって変更される。
7  第二項、第四項又は前項の規定により、認可された再生計画の定めによる株式の併合、資本金の額の減少又は定款の変更があった場合には、当該事項に係る登記の申請書には、再生計画認可の裁判書の謄本又は抄本を添付しなければならない。
  • Yahoo!ブックマークに登録 Google Bookmarksに登録 はてなブックマークに登録 del.icio.usに登録 livedoorクリップに登録 Buzzurl(バザール)に登録

ページ先頭

泉範行 公認会計士事務所
会社・法人の民事再生相談