民事再生法 第23条 (疎明)

(疎明)
第二十三条  再生手続開始の申立てをするときは、再生手続開始の原因となる事実を疎明しなければならない。
2  債権者が、前項の申立てをするときは、その有する債権の存在をも疎明しなければならない。
  • Yahoo!ブックマークに登録 Google Bookmarksに登録 はてなブックマークに登録 del.icio.usに登録 livedoorクリップに登録 Buzzurl(バザール)に登録

ページ先頭

泉範行 公認会計士事務所
会社・法人の民事再生相談